コスメの常識・非常識 > コスメの疑問 > 化粧品に消費期限はありますか?アイシャドウなど色ものコスメはなかなか減らず、3年目に突入しました。

化粧品に消費期限はありますか?アイシャドウなど色ものコスメはなかなか減らず、3年目に突入しました。

条件によりけり、で変わります。鼻を利かせてみましょう。

末使用の場合、3吊は保つようにつくられてます 使用開始後、基礎化粧品なら半年~1年を目安に使い切ったほうがいい、といわれますが、3分の2程度以上残っていて(空気の以が3分の1以ドくらいであれば)、きちんとふたをしてドレッサーのなかなどの啼室に紫外線を避けて保竹していれば、次のシーズンくらいまでは大丈夫と考えていいでしょう エアレス(穴空)容器など、空気になるべく触れない容器の場介は、残りの吐に関係なく保ちます。

化粧品を劣化させる原因は、熱、光、雑菌です 期間内でも臭いが変だったら使用を中止してください。微生物による汚染がいちばん危険で、それは臭いに現れてきます ほかに色、そして分離などによる形状変化の場合も要注意。
保管には直射日光や高温。多湿、それに温皮変化の激しい場所を避けてください。マスカラは空気に触れる頻度も多く、雑師も繁殖しやすいので長くは保ちませんが、アイシャドウや粉ものには目ぺ体的な開限はありません ただし、チップやブラシは消潔に保つようにしましょう。

同じ成分で食品原料と化粧品原料があるとしたら、どちらの安全基準が厳しいでしょう。実はコスメのほうが厳しいのです。食品の場合、腸には細菌がいるため多少のものは菌が戦つてやっつけてくれますし、排泄機能があるので少々のことは大丈夫。けれど、肌にのせるものは排出されませんし、そのまま肌にとどまるわけです。そのため基準が厳しいのです。