コスメの常識・非常識 > 洗顔・クレンジング > 泡は汚れを吸着すると聞きます。泡を長時間、顔にのせていれば汚れはとれますか?

泡は汚れを吸着すると聞きます。泡を長時間、顔にのせていれば汚れはとれますか?

長時間泡をのせていると肌が荒れます。

泡が汚れを吸着する、というイメージが、皆さんには刷り込まれているようです。

実験をしてみると、油性の汚れがつくと泡はつぶれることがわかります。汚れた髪をシャンプーするときのことを考えてみてください。一度目のシャンプーは、なかなか泡立ちませんよね。

また「汚れは泡に吸着する」というのは、水性の汚れについてはいえることですが、油性の汚れに関してはそうといいきれません。

逆にいえば、肌に汚れがない状態ですと、泡はいつまでも消えずに残ります。そこで、マッサージクリーム代わりのつもりで泡を皮膚に残しておくと、細胞間脂質まで溶かし込んでしまう恐れがあるので、要注意です。

なお、手でつくった泡は、ブラシやネットと比べると、同じ量で体積が少なくなるため密度が濃くなります。手でつくった泡を長時間肌にのせておくと、結局密度の濃い泡を肌に長時間のせることになるので、これも肌荒れの原因に
なります。