コスメの常識・非常識 > 洗顔・クレンジング > 泡洗顔で化粧も落ちますか?また泡立ちがいいとよく落ちるの?

泡洗顔で化粧も落ちますか?また泡立ちがいいとよく落ちるの?

一般的には泡立ちがいいほど洗浄力は落ちます。

いまどきの化粧品はシリコン系など多様化しているため、石けんだけではなかなか落ちません。下地にUVカットクリームだけを使っている場合も同様で、薄化粧と思っていても、クレンジングをしないと汚れはとれないのです。逆にいえば、石けんの泡で簡単に落ちる程度のUVカットコスメでは、その働きはほとんどないも同然、強い紫外線の害にはとてもたちうちできないのです。

もっとも、長い時間をかけて洗顔すれば、物理的特性で薄化粧は落ちるかもしれませんが、次項のとおり、洗顔成分を長い時間肌にのせていることになるため、逆に肌荒れが進行することもあるので気をつけてください。

また、泡立ちがよければよいほど、洗浄力は低下します。

細かい泡が肌の凹凸の隅々まで入って洗浄力が上がる、といった宣伝コピーを見かけることがありますが、何度も試してみたところ、ブラシなどを使わないかぎり、凹部での洗浄効果アップは特に認められませんでした。

“泡洗顔”の意義は、洗浄力ではなく、その「リッチな使用感」を味わうことと「角質層を必要以上に傷めない」ことにあると結論づけられそうです。

いずれにしろ、肌に負担をかけない方法とは、手早く洗顔することにかぎるといえるでしょう。